MENU

充血の大敵!目の疲れを取る方法とは

目の充血に効くサプリ

気になる目の充血の原因は、目に入ったゴミやホコリなどの

外的な要因によるものもありますが、中々消えない慢性的な充血は
目の疲れが原因となっている場合が多くあります。

 

寝不足や目の疲れによって、目が栄養や酸素を多く必要とすると
血流が増えて血管が太くなるので目が充血してしまうのです。

 

そのため、目の充血をケアするためには目の疲れを取ってあげることが大切です。

 

ここでは、目の疲れを取る方法について簡単に説明しています。

 

忙しい毎日の中で全てを実践するのは難しいかもしれませんが、
無理なく出来る手軽なものもあるので是非試してみて下さいね。

 

 

PCやテレビを見る時は休憩を入れる

PCやテレビ、スマホなどの画面を見ることは
とても目が疲れるものです。

 

仕事や趣味などでテレビやPCを長時間見る時には
1時間に5分は休憩を挟んで目を休めるようにしましょう。

 

目の休息中は画面から視線を外すだけではなく、
遠くを見て目の筋肉をゆるめると更に効果的です。

 

 

目が乾かないようにする

何かに集中したり、PCやテレビの画面を見ていると
まばたきが少なくなり目が乾きやすくなることがあります。

 

目が乾くことも充血の原因となる為、意識的に
まばたきを増やすようにしたり、目薬を使用したりして
目が乾かないように気を付けましょう。

 

 

睡眠を十分とる

疲れた目を癒すためには、十分な睡眠が大切です。
日中酷使して疲れた目の筋肉をゆるめ、ゆっくりと
目と体を休めてリラックスしましょう。

 

深い眠りに入るほど、光を感じにくくなり目を休められるので
出来れば6時間以上は睡眠を取る事がおすすめです。

 

 

目元を温める

アイマスクやホットタオルを目元にあてて温めると、
血流が促されて疲労物質が流れやすくなります。

 

特に就寝時にホットアイマスクをすると、目の疲労回復に加えて
アイマスクが光を遮断して睡眠の質を上げる効果もあるため、
朝すっきりと目覚める事が出来ますよ。

 

 

疲れ目に効くツボを押す

目の周りにはたくさんのツボが存在しています。
それらのツボを刺激する事で、筋肉の緊張がほぐれて
血行が良くなり、目の疲れを解消する効果があります。

 

特別な道具も必要なく短時間で出来るので、
PC作業やテレビ鑑賞の休憩で目を休めている時などに
ツボマッサージを取り入れるのもおすすめです。

 

 

定期的に視力を計る

コンタクトレンズや眼鏡が自分の視力に合っていないと目が
疲れやすくなってしまうため、眼鏡やコンタクトレンズを新しく作る時
以外にも、たまには眼科で視力を計ってもらうようにしましょう。

 

特に、老眼の始まる40歳以上の方は視力が変わりやすいので
定期的に視力検査をする事が大切です。

 

疲れ目を防ぐためには、正しい視力を知って
自分に合った眼鏡やコンタクトレンズを使用しましょう。

 

 

栄養をしっかり摂る

充血や疲れ目を解消し、目の健康を守るためには
必要な栄養をしっかりと摂る事が必要不可欠です。

 

普段から栄養バランスに気を付ける事が大切ですが、
ルテインなど、食事からはなかなか取りにくい成分も
目の健康には必要なため、サプリメントでの栄養補給も有効です。